アダルト

アダルトはフレッシュで濃厚なプレミアム・テイストを発見するブログ。そんなコンビネーションがあったのか?この斬新さは初めてです!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

アダルトチックな曇り空だったら

締まりすぎる〜←



立体的アダルト

アダルトな物体から見れば二次元体などどうにでもなると思っていた。しかしそれは違っていた。立体物はそれがどんなにへっぽこでも存在はゆるぎないもの。マテリアルとして成立するもである。念頭におく二次元体は空間。奥ゆきや場所を意味するものであり、それは比べることの出来ないもの。PCの支援技術もあり、試作を個人レベルで試せるようになったのだ。


↓どこから試してみよ



アダルトテイスト

アダルトテイストな食べ物の技術的なことはそれらの書物の図版のみから知るだけで、ハウトゥーテキストや生身の人間から手ほどきを受けることなくそこまでやっていたというのは、いまおもえば、恐るべき情熱、羨むべき早熟の若者だったと言えるかも知れない。心がそれ以上持たなかったと思う。孤独な作業である。しかも閉塞されたジャンルは一部の人間にしか賞賛されないことは事実でそこに未来はなかったと言えるであろう。


ぐちょっとしてる〜!



アダルトの先にあるもの

アダルトの先にいったい何が見えたのだろう。何も見えてはいない。風景を見ていたわけではないし、何もなすべきことはなかった。カメラになりたかった。感情は持っていても、それが線や面になって画面に現れることがいやだった。耐えがたい苦痛をともなう。好きなものはある?大切なものは?分からない。本当にわからない。年齢を数えることと、何を比べることができるのだろう。能動的に動くものは全く感じられない。よるになって電灯をつければそんなことは全て忘れてしまうのだろう。小学校のころに読んだあの本は、まだあの場所にあるだろうか。題名すら思い出せないというのに・・・。


しっとりかわいい!



意外とアダルトな味覚

駄菓子からしばらく離れていたので
びっくり
イカ系の品目がいい味を出している
これはもうお酒のおつまみでしょう
都心ではすでに駄菓子をおつまみに出す
駄菓子バーなるものも多く存在しているらしい
こんなにおいしいものをコドモのころから
食べてしまったら大人になるまでに
どんなグルメな人物になってしまうだろう
アダルト
にも通用する諸品に感服


これ食べてみたくない?



アダルトな食べ物たらふく

昨日からアダルトな食べ物をたくさん食べた

とはいってもさしあたって珍しくは無いもの

ヒットチーネ、うどんで言う紐皮またはほうとうだな

唐辛子入りコンビーフ、辛いところが大人。いい組み合わせ

クルフィ、インド料理のデザートでピスタチオのアイスクリーム
これは15年ぶりくらいに食べた

変なコンビネーションは主になし
ちょぴっとさみしい


締まりすぎる〜←



アダルトな産物

人類が作り出した最高のアダルトな産物は織物である。天然からもたらせることのないこの人工物に最高の価値を見出した彼らに最高の敬意をはらいたい。そして自分もそうありたいと思っている。気分に任せていたら何も成就しないだろう。そんな風に考えるのは悲観的だろうか。人間は感情の生き物であるという。そこにはすでにパラドックスが存在しているかのようでもある。しかし我々は生きている。その生命はかけがえのないモノなのである。


締まりすぎる〜←



みんなこうして大きくなっちゃった

ダビンチもモーツァルトも天才だがそのアダルトな天才は完成品によってしか確認することはできないからだ。思想は口にするものではなく、結果へのお守りだと思っている。結果を出そう。未知の領域では競争はない。孤独なレコードの塗り替えがあるのみ。古代南アメリカでは金より価値があるものがあった。

締まりすぎる〜←



試合中に飲んでいるアダルトなドリンク

バンクーバー冬季五輪の選手の試合中に飲んでいるアダルトなドリンクに注目するといわゆるブルを飲んでるケースがおおいのです。詳しく調べてはいないのでなんともいえませんが、あれが今回の公式ドリンクなんでしょうか?日本国内でも結構な単価なものなんですよね。宣伝効果は抜群だと思います。夏の暑いころではないから、イオン電解水系の飲み物でなくてもいいので理解はできます。商品の原産は確かオーストリアの会社だったと思います。原価が二百円を切ってくれれば多少普及してくると思うのですがどうでしょう。アダルト感はばっちりのものなんですが・・・。

ぐちょっとしてる←



アダルトな時代

アダルトな時代は自動車よりも建機や重機に興味を抱いていたのもそういったことにの現れだったように思う。動画も確かに二次元である。しかしカメラが物体や風景の周囲を移動したり、物体が移動することで立体を追体験できる。だから曼荼羅化する決定的瞬間の写真や描画や絵を尊いとはあまり思えなかった。抽象的とは自然の営みや音楽のことだと個人的には思っている。音楽家はあるときは構造的に局を製作するだろう。建築家ならなおさらだ。しかし私(たち)はそれをまず、全体の印象から捉え用とする。眼で見て耳で聞く。その見ること・聞くことに一番興味がある。グラフィティに興味があっても、その存在を見たいだけ、できればその時心の中で鳴り響いている。それが何を意味するかはわからない。


でっかい穴もすきなんだ〜←

ぐちょっとしてる←



アダルトなものの見方

アダルトなものの見方を変化させているだけだ。いまあるものを社会の中で効率的に稼働させるように展示・陳列と使用するタイミングに注意を注いで運用していこうとかんがえただけ。同じ馬鹿がいるとしても使い方を工夫する方がましな馬鹿だと思う。あきらめること、ダメだったら切り捨てることは潔い諦めなのである。あきらめてはいけないなんて野暮なことをいつまでも言っているからいつになっても問題は解決しない。同じ体力しかないのならやり方をどんどんためしていかなければならない。馬鹿よ、滅びるがいい。バイタリティは自分と自分が大切にしたいと思う人々に使えばいいのだ。


ハイテンションでゴー!←クリック



アダルトそれナシでしょ

某ハンバーガーチェーン店のアダルトなメニューがあたかも一般メニューのごとく存在していて、おっ新メニューと思って食べたところぜんぜんなっていないと憤慨した方、多いのではないでしょうか?肉汁たっぷりのミートパティのバンズにホットケーキミックスでつくったようなハニー・テイストのパンを使ってあって、脳がほしがっていた希望を一気に打ち砕くメニューでした。

一見あり、しかも多分5回食べれば癖になってくる味に間違いないのですが、そこは老舗チェーン店への期待が強、その瞬間はそのミスマッチは期待していないのです。あれは禁じ手です。そういう味覚はまず内輪ではまってから出ないと受け入れがたい。高度に進化した食文化とはそういったものなのであります。


偏食家にも人気



アダルトテイストな食べ物を否定されたとき

アダルトテイストな食べ物を否定されたとき、とにかく相手にしないことだ。相手をするということはそれだけで術中にハマることを意味する。いないものと心から思えばそこに無駄な感情は起こらない。そういったわずらわしさに折り合いをつけて生きてゆくのも、粋の一つだと言える。残酷に見えるかもしれない。しかし、手を差し伸べて払われたら、ほとんどの人はその人を助けようとはしないだろう。一人一人はもっとやることがあるのでそんなことにかまってはいられないのだ。馬鹿にはかまっていられないのだ。そんなことに時間を割いていたら一生はあっという間に過ぎて行ってしまうだろう。無関心を意味する一言があれば後は何もいらない。考えなおすこともなくていい。自分がそうであるように人間はそう簡単に変わったりしない。自分自身もさほど変わっていない。


きみの全てを受け入れる!←



アダルト紀行志望

アダルトを忘れて行ったことのない異郷を空想することが好きだ。かれこれ25年もの間妄想にも近い状況で恋漕がれている場所がある。スペインである。中学生のころには既にその憧憬癖は現れていた。闘牛士とカタルーニャ牛のフォルムとシルエットに憧れていた。

やがてスペイン北部のバスク地方へと興味は移行してゆく。歴史に見られる複雑な環境の中で生き抜いた屈強で素朴な人々のようにありたいとさえ思えるようになった。そして気持ちはジブラルタル海峡を越えてゆく。北サハラのモロッコとの交流。ベルベル族の女性の手の甲に描かれた文様、夕陽、市場、さまざまなものが頭の中を回っている。



究極のアミューズメントがここにある!



アダルトなオレンジ色のチョコレート

アダルトなオレンジ色のチョコレートを食べた。なんとなくトロピカルな風味だ。人工香料であることは間違いないのだが幼年期のころ食べた思いが瞬時に脳裏をよぎった。

それは何かはすぐには思い出せない。それよりも早くそのチョコはマンゴーのコンセプトだということがわかる。マンゴーチョコか・・・変則技で面白いななど思っているとどっと記憶が戻る。あれはJョイントロボフーセンガムの香りだ。間違いない、30年以上まえに食べたもので以来口にしていないものだ。味覚というより嗅覚は覚えているものなんだな。本気で感心してしまった。


とろける部分から蜜があふれる・・・



アダルトエイジの給食の思い出

給食の思い出は数多く存在する。特に現在のアダルトなアラフォー世代から下の人々には心の奥底に焼きついた、いわば青春の1ページなのではないかと思う。給食とは学校の時間内において公然とものが食べられる唯一の時間だ。幼稚園や保育園と違っておやつというカテゴリーが設けられていない分そのウエイトはより重要なものとなる。これら日本全国地域によっても献立にバリエーションがあり、1990年以降のゆとり教育世代になるとその傾向は顕著になるのだ。


食欲・睡眠・性欲に効く〜!



アダルト駄菓子

アダルト感たっぷりの駄菓子が沢山存在する。それらは大きく分けて色・形・匂いに分けることができる。色は桃色や紫のものが多い。それな人間のところどころの表面部分の色を模している。形、直径3センチ・長さ15センチのお菓子は結構多いのだ。そのほか舌で舐めたり、穴になっているものをほじくることもある。

そして匂い、人間の各部分の匂いを彷彿とさせる素材を用いて調理し記憶の奥底に残るように独特の芳香を漂わせるものがほとんどだ。ほとんどの人は大人になって異性に接するとき、過去に記憶されたエレメントを思い出すはずである。


最高のエンターティメントがここにある!



アダルトな冬の旅

冬の寒さが生活全体を支配している。今は真冬。この土地では雪はめったに降らないが、透き通る空と、容赦ない地面の冷たさがここに暮らす人々に強くなるための試練を与えているようにも思える。

自分のアダルト心はといえばどうだろうか、それほど寒くはないし荒んでもいないと思う。細かいことは山積しているが、それはいい。大筋で何かが変わった。自他共にこのレッテルを自らに掲げて四半世紀来てしまった凡庸なる者が、それを完全に放棄する決意に至ったといったら大げさだろうか。写真という媒体を意識するようになる。そこに気づいたというのが本音だ。一から作り出すことに興味がなかった。二次元的なものは立体物の表面であると考え続けていた。


オーバー・ザ・レインボー!



アダルトにトラベル・トリップ

アダルトなここではないどこかとは自力でいかなければならないものなのかも知れない。そこに長期滞在するためには資金が必要だ。やはり人には仕事が必要だ。社会構造の中でお金を稼ぎ出すという仕組み、そこに携わることで生まれる風格やプライドなども含めて重要なことだ。今、はっきりいって疲れている。肉体的なものは否めない。

だがそれは、休養をとることで回復する。しかしメンタルにおいて己の無力さは露骨に決定的なものとなった。「お前は何者だ」とつきつめたなら「平凡でセンスのない旅行者」でしかない。自分は何を望むか。グラフィティのようなイリーガルにボムすることには興味ない。壁面や立体物をラッピングするペイントには強く興味を持っている。即興的に作図・作画することはうまくないし、興味もない。アイデアを発想したり、発展させるときの即興性は好きだ。


ぐちょっとしてる←



アダルト三次元

アダルト・アナログ・グラフィックは三次元において表面のみをラッピングする、フェイクなメディアだと確信した。そこに進化を続ける過激なシンパシーを感じずにはいられないのだ。直接的立体物を制作することに興味は持てない。既存のそれらに対してのプレゼンスこそ一番高揚する瞬間を生み出す場所なのだと確信している。丘陵地の斜面が住宅に造成する前に4000平方メートルほどの土地を地表1メートルほど掘削すると5000年前に掘られた多数の穴が出現した。狩猟用の落とし穴が興味あった。

80センチx2mほどの穴口はほぼ竪穴で2mほど堀抜かれている。穴の底部に仰向けに寝そべってみたことがある。穴の入口から空が見える。底部はややすぼまり幅60センチ、縦150センチほどだったと思う。青空、くもが流れていた。空を眺めていた。下界からも多少距離があった現場だったのもあるが、とても静かだった。生命を全うしたとき、魂はこんな風景を見るのだろうかとたやすく想像することができた。あの穴が今となっては懐かしい。原寸大の自分が感じられた数少ない経験だった。

アダルトなら・・・←



アダルトマイフェイバレット

アダルトセンスな音楽が聞きたい戸思い、B・ジェット・シティを意識して聞くようになったのは2000年を過ぎてからだったと思う。A井健一の別ユニットの楽曲をきいてさかのぼったというのが正直な理由だったと思う。妙にアメカジ?的な曲にドメスティックなニュアンスを帯びた私的なリリックが耳に残った。緊張感がすごいと思った。自宅から南東に50kmほど車で走ったところにあるローカルな場所を思い出す。地方の大型デパート。出店された雑貨店のアメカジティックな品揃えの中にそれらはあるような気がする。

空はやはり梅雨時の曇り空。財布の中には千円札が一枚だけ、このリアルな過去の現実はきっと一生メンタル的に不安定な時に見る夢のロケーションとして永遠に繰り返されるに違いない。全てを切なさに変える雰囲気がミレニアム以降ぽっかりと空いた穴に妙にフィットしていたような気がする。こんな風に絵が描けたらいいと思っていた。ロードムービー的な展開にはっとさせられた。このストーリーにも必ず終わりが来ることを予感せずにはいられない。このレジスタントは形を変えなければ遂行不能な所まで来ている、自分自身がそういう気持ちの時期だっただけになおさらその感覚が強く感じられた。もうCDは一枚も持っていない。

アダルトなら・・・←



アダルトな桜色

かなり気の早い話、春といえば桜餅。春になる。桜が咲く寸前くらいが一番きれいだ。ここ10年くらい、往年の巨匠が奏でたジャズを後追いで聴いている。ロックやテクノを聞いて育った世代には、歯がゆさや恥ずかしさも感じられるが、聞きなれてしまうと、彼らが何を言いたかったかが、ジャンルや手法ではない一人の人間のメッセージとして聞こえてくるようにも思えてくる。ピアノがいい。スイングするよりはビバップしていてほしい。

アダルトな創作をバッハがしたら、はたして出来ただろうか。天才だからできたはず。一人のクリエイターの一つの結論がそこにあったはず。無頼派の作家が賛美するジャズ。彼もまた肉体労働をすること、執筆することによってそのリズムと感性を同じところに置いた一人なのであろう。春の熊野はどうであろう。


キミの一番ほしいものはここにある!



アダルトなイカの匂い

アダルトな香りについて考えてみよう。ブランドものの香水などは当たり前として、食べ物など考えてみよう。最初の印象はあまりいいとはいえないものにアダルト感をくすぐられるものが多い。ファンキーでソウルフルなものといったらよいだろうか。アジア的にはやはりイカ系のものですか?あのおいしさはやはり嗅覚の刺激に夜ものが多いのではと考えられます。そういえばヨーロッパのチーズといい、男性や女性のものの匂いに類似しているような・・・、視覚的にはインターネットでのOK!まずはこちら


見えるいろんなアダルトがみえるな〜