アダルト

アダルトはフレッシュで濃厚なプレミアム・テイストを発見するブログ。そんなコンビネーションがあったのか?この斬新さは初めてです!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

三原が“女性の幸せ”よりも“政治の道”を選んだ。


あだるとなら←






じゅん姐は己の道を選んだか!?

それはそれで立派なことだと思う。

最高だね。







周防雪子、範田紗々、星野あかりのアダルト女優3人

すごい水圧←




アダルトでアジアは文化レベルで開放に

向かっているのかも知れない。

本来なら完全ヌードで挑みたいところだろうが

それは段階を経れば必ず可能だろう。

大陸は本来おおらかな人々の文化が有史栄えてきた

事実上、大陸から政治的に切り離された

台湾などは彼らの本来の姿を色濃く残していると言って

いいだろう。

どうだろう、この辺で生ハメ・中出しを

容認してみたら

更にきっと繁栄は継続されるようにも思えるのだが・・・。

アダルトの先にあるもの

アダルトの先にいったい何が見えたのだろう。何も見えてはいない。風景を見ていたわけではないし、何もなすべきことはなかった。カメラになりたかった。感情は持っていても、それが線や面になって画面に現れることがいやだった。耐えがたい苦痛をともなう。好きなものはある?大切なものは?分からない。本当にわからない。年齢を数えることと、何を比べることができるのだろう。能動的に動くものは全く感じられない。よるになって電灯をつければそんなことは全て忘れてしまうのだろう。小学校のころに読んだあの本は、まだあの場所にあるだろうか。題名すら思い出せないというのに・・・。


しっとりかわいい!



意外とアダルトな味覚

駄菓子からしばらく離れていたので
びっくり
イカ系の品目がいい味を出している
これはもうお酒のおつまみでしょう
都心ではすでに駄菓子をおつまみに出す
駄菓子バーなるものも多く存在しているらしい
こんなにおいしいものをコドモのころから
食べてしまったら大人になるまでに
どんなグルメな人物になってしまうだろう
アダルト
にも通用する諸品に感服


これ食べてみたくない?



みんなこうして大きくなっちゃった

ダビンチもモーツァルトも天才だがそのアダルトな天才は完成品によってしか確認することはできないからだ。思想は口にするものではなく、結果へのお守りだと思っている。結果を出そう。未知の領域では競争はない。孤独なレコードの塗り替えがあるのみ。古代南アメリカでは金より価値があるものがあった。

締まりすぎる〜←



アダルトテイストな食べ物を否定されたとき

アダルトテイストな食べ物を否定されたとき、とにかく相手にしないことだ。相手をするということはそれだけで術中にハマることを意味する。いないものと心から思えばそこに無駄な感情は起こらない。そういったわずらわしさに折り合いをつけて生きてゆくのも、粋の一つだと言える。残酷に見えるかもしれない。しかし、手を差し伸べて払われたら、ほとんどの人はその人を助けようとはしないだろう。一人一人はもっとやることがあるのでそんなことにかまってはいられないのだ。馬鹿にはかまっていられないのだ。そんなことに時間を割いていたら一生はあっという間に過ぎて行ってしまうだろう。無関心を意味する一言があれば後は何もいらない。考えなおすこともなくていい。自分がそうであるように人間はそう簡単に変わったりしない。自分自身もさほど変わっていない。


きみの全てを受け入れる!←



アダルトな冬の旅

冬の寒さが生活全体を支配している。今は真冬。この土地では雪はめったに降らないが、透き通る空と、容赦ない地面の冷たさがここに暮らす人々に強くなるための試練を与えているようにも思える。

自分のアダルト心はといえばどうだろうか、それほど寒くはないし荒んでもいないと思う。細かいことは山積しているが、それはいい。大筋で何かが変わった。自他共にこのレッテルを自らに掲げて四半世紀来てしまった凡庸なる者が、それを完全に放棄する決意に至ったといったら大げさだろうか。写真という媒体を意識するようになる。そこに気づいたというのが本音だ。一から作り出すことに興味がなかった。二次元的なものは立体物の表面であると考え続けていた。


オーバー・ザ・レインボー!



アダルトマイフェイバレット

アダルトセンスな音楽が聞きたい戸思い、B・ジェット・シティを意識して聞くようになったのは2000年を過ぎてからだったと思う。A井健一の別ユニットの楽曲をきいてさかのぼったというのが正直な理由だったと思う。妙にアメカジ?的な曲にドメスティックなニュアンスを帯びた私的なリリックが耳に残った。緊張感がすごいと思った。自宅から南東に50kmほど車で走ったところにあるローカルな場所を思い出す。地方の大型デパート。出店された雑貨店のアメカジティックな品揃えの中にそれらはあるような気がする。

空はやはり梅雨時の曇り空。財布の中には千円札が一枚だけ、このリアルな過去の現実はきっと一生メンタル的に不安定な時に見る夢のロケーションとして永遠に繰り返されるに違いない。全てを切なさに変える雰囲気がミレニアム以降ぽっかりと空いた穴に妙にフィットしていたような気がする。こんな風に絵が描けたらいいと思っていた。ロードムービー的な展開にはっとさせられた。このストーリーにも必ず終わりが来ることを予感せずにはいられない。このレジスタントは形を変えなければ遂行不能な所まで来ている、自分自身がそういう気持ちの時期だっただけになおさらその感覚が強く感じられた。もうCDは一枚も持っていない。

アダルトなら・・・←